私もいつかは結婚したいと考えています。
遅くても33歳くらいまでに結婚することが私の目標です。
でも残念ながら今は彼氏がいません。
しかも前の彼氏と別れてからもうすぐ3年になってしまうのです。
悲しすぎます。
彼氏がいない約3年間の間、複数人とデートはしました。
ですが、どの人ともうまく行かず今に至るのです。
そんな今、婚活をしなくてはいけない、今こそする時だと思うようになりました。
実は前にも婚活パーティに数回参加したことがあります。

愛知の婚活マラソンについて書いた婚活マラソン行ってきた@愛知というブログが面白いです。
自慢ではありませんが、私は婚活パーティに参加すれば数名の方からアプローチされますし大概の場合はカップリングされるのです。
しかも初めから自分が気に入った人とカップリングされることが非常に多いです。
どのような人と今までカップリングされたのか紹介します。
まず一人目は、30歳の外資系日本法人社長。
見た目はいわゆる普通っていうやつですが、服装もそれなりにオシャレだし、ちょっとワイルド系です。
トークも上手でした。
そこでは他愛もない話をしていい感じ。
でも私を気に入って私の番号を書いた割には、あまりグイグイとアピールする感じはなかったので、本当に私に興味があるのかは少々疑問でした。

異性からひどい目に遭わされたことがあるとはいえ、すべての異性が悪い訳ではありません。

次に、異性をあまり色眼鏡で見ないことが挙げられます。
私も過去に痴漢に遭ったり、冷やかされたりしたことがあるので、高校生くらいまでは男性が怖かったのですが、大人になってから男性に接してみると、皆が皆悪い人ではないことに気が付きました。
そして、同性の友達と同じくらい仲良くなれる人を何人か見つけることもできました。
「苦手だ」「異性は敵だ」と構えないで、「仲良くなれるかも」など、ポジティブに考えましょう。
異性と積極的に関わることで、異性への恐怖心は自然に消えるはずです。
さらに、性別に関わらず分け隔てなく接する態度も肝心です。

山梨ゴルフ婚活情報というサイトによると、山梨にはゴルフ婚活という変わった婚活があるそうです。
相手が異性か同性かによって態度が変わる人は、男女どちらからも不評を買います。
「異性に好かれれば問題ない」と思う人もいるかもしれませんが、正直異性にしか良い顔をしない人は、ロクな人でない可能性の方がはるかに高いのです。
婚活パーティーや合コンなどの出会いの場だけで繕ってもすぐにボロが出てしまうものなので、常日頃から気を付けましょう。
以上のことに気を付けて、よき出会いを探してみましょう。

出会いだけでなく自分磨きにもなると思います。
もちろん婚活パーティに参加してみるのもとってもおすすめです。
もちろんお肌のお手入れ、ファッション、髪型などもそうですが、内面を特に磨いておくといいと思います。
映画をたくさん観てみるとか、本をたくさん読む、新聞を読む、スポーツをしてみる、手芸をしてみる、ちょっと自分が夢中になれそうなものを探してやってみましょう。
表情が豊かになります。
そして話題も豊富になります。

熊本の婚活に要注意!という記事を読んで、熊本には要注意の婚活も色々あるのだと知りました。
そして、自分の部屋や身の周りをきれいに整頓しておきましょう。
いくらきれいに着飾っていても、なんとなくそういう汚さは出てしまうものです。
部屋など身の周りをきれいにしておくと、何より自分の気持ちがすがすがしくなり、自然とその美しさ、すがすがしさが現れるものだと思います。
そしてそんな自分がまず自分で誇らしく、素敵に思えてきます。
そうするとだんだん、なんだか雰囲気が変わったね、という感じで回りの人にも自然とそういうオーラがでてくると思います。
そこまでできたら、あとは最初の出会いの場を広げてきたのですから、男性から声をかけられたり、あるいは、自分から好意を持つような男性が、現れてくるはずです。

先月に出かけた婚活パーティーは、男性側がお医者さん限定というものだったので、女性側はいつもよりも参加費用が高かったのです。

下世話な話ですが、高いお金を払って参加するのであれば、誰かしら一人ぐらい良い男性をゲットしなくては!と、気合も充分でした。

パーティー3週間ほど前からダイエットをして、お給料で勝負服のふんわりワンピを購入して、バッグも新調、シンプルだけど、ちょっと値の張るアクセサリーを身につけて参加しました。

当日は、仕事を休んで午前中には美容院に行き、綺麗めなまとめ髪にしてもらい、メイクもネイルも一切手抜きなしで仕上げてもらいました。

医者の集まるパーティーであまり地味な格好をしていると、他の女性に視線を奪われると思い、少し華やかなイメージを大切にしてみました。

やはり、多少お金をかけてでもプロに頼むと全然違います。omiaiというサイトがかなりfacebookのomiaiの使い方に詳しいものでした!

自分という素材を最大限に綺麗に見せるようなメイクやヘアは、いつも色々な人のヘアや顔をいじっている人のほうが、分かってくれるものなのかも知れません。

記念撮影したいぐらいのお気に入りのいでたちで、ドキドキしながらパーティー会場に足を踏み入れました。

パーティー会場には、沢山の男女が集まっていました。

やはり女性は皆さん、気合たっぷりな華やかスタイルの人が多かったです。

これはちょっと部屋のコーディネイトにこだわり過ぎと主人を嫌な顔されましたが、そのくらい、お部屋のカラーによっては浮いてしまうのです。
せっかくならば良い業者で良いサービスを受けたいですよね!
私はフレシャスというウォーターサーバーを知るまで、ウォーターサーバーなんて贅沢なものだと思って居ました。

フレシャスというサイトでは、フレシャスの水について詳しく解説していますよ。
普段ウォーターサーバーを目にするのは、薬局などのお店や職場だけで、家に置くなんて、よっぽど生活に余裕がある方達だけだと思っていたのです。
しかし、フレシャスを使っている友人に話を聞いてみると、フレシャスはウォーターサーバーのレンタル代やメンテナンス料などが全くかからず、純粋にお水の値段だけだという事でした。
わが家はいつもスーパーでペットボトルの水を買っているので、それに比べるとフレシャスの料金はさほど変わらないという事を知ったのです。
また、スーパーで水を買うと重いペットボトルを持って帰るのが大変ですし、水を冷やすにしても冷蔵庫の中でかなり場所をとってしまいます。
フレシャスはいつでも冷えた水が飲めるので、冷蔵庫のスペースをとる心配もありません。

そちらを使うと安心なのですが、その場合は年間のリース料金が通常のものより高くなるというデメリットが。

節電しても一日電気をつけているお宅やお店、会社などには節電タイプのフレシャスがおすすめかと思います。

もう長いことサーバーを使っていた我が家ですが、以前配達員の方から「新規顧客をとってこなくてはいけないキャンペーンがあるんです」と頼まれて、実家の分も申し込んで使っています。フレシャス 特徴を見ていると、かなりおもしろい特徴を書いてくれています。

実家はあまり本数を使っていないので、ちょっと災害時のための保管を兼ねた使い方をしています。

もちろんフレシャスのお水にも賞味期限があります。

ペットボトルより期間が短いので、あまり災害時のために、という使い方は向いていない気がします。

でも大きな地震がいつ来るかわかりませんし、原発事故などがいきなり起こればペットボトルの水が店頭からなくなると可能性は高いでしょう。

個人的にはペットボトルと一緒にサーバーのボトルも数本は確保しておく方法がいいかなと思ってます。

それから我が家には小さい子が3人いまして、夏場など特に「喉が乾いた」と騒ぎます。

 

エステいったりネイル行ったりして、見た目に気を使うくせに部屋は女子力低い女って婚活的にはどうなんでしょうね。
お会いしている間中、その人はずっとスマホを気にしているんです。
私がお手洗いに立ったりして、もどってきても、当たり前のようにスマホをいじっていて。
まあ、お手洗いにいっている間にスマホをいじるのは別にいいのですが、私が席についてからもしばらく彼はスマホをいじっていて、彼のスマホ待ちを私がするはめになったりしたんですよね。
ていうか、「何しに来たの?」という腑におちない思いでいっぱいでした。
スマホを手放せないのも仕事で、いまどうしても手がはなせないとか、いろいろ理由があるかもしれないので、スマホをいじるならいじるで私に説明してくれてもいいのになという感じです。
ていうか、ぶっちゃけ婚活なんだから、相手と会っている間はスマホの存在は忘れてほしいですね。
彼のことはお断りしましたが、もし万が一何かの間違いがあって彼と結婚したとして、二人で部屋で一緒にいても彼がずっとスマホを見ていたら嫌だなあと思いました。
こんなことがあると、婚活に心が折れそうになりますね。

こんなに彼氏がいない時期なんて今まで友達はなかったそうです。
日本の年齢で33歳で、韓国の年齢で今年で35歳になります。
早く結婚相手をみつけないと本当に貰い手がなくなってしまいます。
本人もそれを心配しています。
やはり男性はどこの国でも同じで若い女性に人気があります。
違う友達が言っていたのはどんなに婚活を頑張ってもで年齢が若くないと会ってはくれてもその後の進展はないと言っていました。
やはり結婚して子供もみんなほしかったらするのでなるべく若い人と結婚したいのだそうです。
そんな事を言われてしまうとすごく悲しくなってしまいます。
友達は前の彼氏と5年も付き合っていたのですから。
ちょうど女性としてすごく綺麗な時に前の彼氏と5年も付き合っていたのにそんな彼氏にあっさりと振られてしまいその後の友達の人生計画が台無しになってしまいました。
でも友達はそんな事に負けまいとして今までもいつも行動力があって積極的だったのでこれからも振られたからといって消極的にはならずにこれからは尚更積極的に婚活をしようと思っています。
私はそんな友達は本当に応援しています。

つまり、つまりですよ。
20代女子が、婚活市場に足を踏み入れるのには今まで書いたような障害があるのです。
資金難、仲間同士の意識、危機感の薄さ…など。
しかし、婚活がメジャーになりつつある今、資金難についてはいずれ改善されてしまうのかもしれません。
新しく生まれたものってそういうものですよね。
最初は高値でも、どんどん安くなり一般化していく。
1万2万で婚活ができるのならば、もっと20代の婚活女子は増えていくことでしょう。
そう、その前に!もうフリとしては古いですが…いつやるの? 今でしょ!!というわけです。
婚活するか悩んでいる20代女子には、いざ必要になったときの準備を!今まさに婚活している30代女子には、今決めてしまう勇気と勢いを!これを書ききって思いましたが、数年後に婚活市場の相場が下がって手ごろになり、若い人たちも参入し盛んになった場合……一番しんどい思いをするのは、現・20代女子なのではないのでしょうか。
もしかして、20代女子も…いつやるの? 今でしょ!? なのでしょうか…。
メールを重ねるごとに親近感も湧き、ここぞというところでデートに誘う。

あまりにも長いこと婚活をしていると、わたしにはいつまで経っても結婚相手が現れないんじゃないかというネガティブな発想まで持ってしまいかねません。
しかし、婚活とはそういうものなのです。
しかし、何もしなければ本当に出会いはなくなりますから、常に動いていたほうがよいのです。
それが忍耐です。
ただし、あまりにも婚活をがんばりすぎて燃え尽き症候群になっては意味がないので、そのような状態になりそうだったら、少し休憩を取ってみてもよいかと思います。
この1か月間は婚活は一切しないという時期を設けてみるのです。
そうすると、1か月後にはまた元気になって婚活に精を出せるようになるものなのです。
婚活とは、結婚相手探しの旅でもあり、自分探しの旅でもあります。
結婚相手に求める条件を作る時に、自分ってこういう人が好きだったのかということやこういう価値観を大事にしているのかということに初めて気づくことも多いです。
そのような機会を通して自分磨きをすることもできるので、婚活をぜひ楽しんでほしいと思います。
わたしも婚活宣言をするまではなかなかいい人に巡り合えず、いつも泣いてばかりいました。